ひざを痛めない歩き方のポイント

ひざを痛める原因とは?

ひざを痛める原因で意外と多いのが、「歩き方」が原因でひざを痛めてしまうパターンです。ひざを痛める原因は、恐らく殆どがこの原因である事が多いでしょう。

 

ひざの痛みイメージ写真


その他の原因として挙げられる例としましては、「肥満」が挙げられます。特にウエスト周りに脂肪のついている方ですと、お腹の重さでひざに負担がかかってしまうので、それだけひざも痛めやすくなってしまうのです。


歩き方が原因の場合は、歩き方を見直す必要があります。ひざを痛めないようにするためにも、歩き方から改善していきましょう。

膝の痛みの改善や予防には、姿勢も重要。

まずは「姿勢」です。歩き方が正しくても、姿勢が正しくないと、それだけひざにも負担がかかりやすくなります。現代では、正しい姿勢をしている人の方が少なく、姿勢のせいで、骨盤や整体の歪みにまで影響している人が多くなっています。最近では姿勢やゆがみに注目した治療院も増えていると気功 横浜のかとう先生。私ももっともっとアンテナをはって色々な情報を仕入れていかなければならないと感じました。先日6月11日、香川県へ旅行へ行ってきました。二泊三日の旅でしたが、なんせ横浜からの長旅。着くころには腰が痛くくたくたになってしまいました。わらにもすがる思いで高松市 接骨院の扉を叩く。せっかくの旅行先で接骨院に行くのは勿体ないとも思うが、この接骨院は本当に良かった。香川から横浜に移転してほしいと願うほどに。あまりに褒めてしまうと、普段から通ってる柏 整骨院の院長先生に怒られそうですが。


姿勢は、背中、腰、首、肩全てを真っ直ぐ保つのが正しいのですが、意外とやりがちなのが、「反らしてしまう」事です。反らしてしまうと、余計に負荷がかかり、ひざにも良くないだけではなく、腰や背骨にまで悪影響を及ぼし、骨の歪みにまで関連してくるので気を付けましょう。

歩き方のコツは?

よく女性で、「女性らしさ」をアピールするために「内股」で歩く方がいますが、この内股も、ひざに非常に負担がかかる歩き方なので、真っ直ぐのラインで歩くようにしましょう。勿論ガニ股もいけません。


歩く時は、基本的にかかとからつま先の順で着地していきます。足首には力を入れずに、軽く歩きましょう。